りんご7976を冷蔵庫で保管したい時!長く美味しく食べましょう!!

りんごをたくさん頂いた。箱ごと購入した。などの場合、一度にはすべてのりんごを食べることは難しいですよね。そのような時には冷蔵庫で保管をしてみましょう。長い期間美味しいりんごを楽しむことができます。 まず、りんごをひとつずつラップで包みます。この時、隙間や空気が入らないようにきっちりぴったりと巻くことがコツです。そして、スーパーでもらえるビニール袋などに入れてできるだけ空気を抜いて口をしっかりと束ねてねじります。さらにそこに輪ゴムを巻きましょう。この時ビニール袋には複数のりんごを入れても大丈夫です。あとはそのまま冷蔵庫に入れるだけです。保存中はときどきりんごの様子を見て、ラップに水滴がついているようなら拭き取ることが大切です。りんごの種類にもよりますが、「ふじ」という種類のりんごであれば6カ月保存することも可能です。りんごを手にしたらできるだけ早い段階で保存をすることが長持ちさせる秘訣です。冷蔵庫にどうしても入れることができない場合は野菜室でも保存できますが、温度が冷蔵庫より高いので、注意をする必要があります。りんごをラップに巻いてからビニール袋に入れることにより、新鮮さを長く保つことができます。

知っておこう! りんご7976を適切に保管できる期間

一般家庭でりんごを保管できる期間は、おおむね2週間から1ヶ月が目安です。購入した時点である程度鮮度が落ちている可能性があるので、早めに食べましょう。冬であれば、暖房のない場所に置くだけである程度保管できます。暖かい時期は、冷蔵庫の野菜室で保管しましょう。野菜室に入れるときは、ポリ袋に入れて、口を閉じた状態で保管してください。ポリ袋に入れるのは湿度を保つためであり、りんごが発するガスによって野菜室内の別の果物に影響を与えないためでもあります。