りんご7976を夜に食べて、健康的にダイエットをしよう

りんごを食べれば健康にもダイエットにも良いというイメージがあります。一日のうち一食をりんごに置き換えて、他の食事は好きなものを自由に食べるという「りんごダイエット」というダイエット法が実際にあるほどです。 一日のうち一食をりんごに置き換えるとして、置き換え食を実践するのは朝・昼・晩のうちどれが良いか・・・なんとなく「朝」という心の声が反射的に聞こえてきてしまいそうですが、実はりんごの置き換えダイエットを実践するのにふさわしいのは、夕食か場合によっては夜食なのです。「夜りんごダイエット」がなぜ良いかというと、朝食や昼食ではその日の活動に必要なエネルギーを十分摂取する必要があるのに対し、夜は一日の活動が終わって後は眠るだけ、身体が必要とするエネルギーもそれほど高くありません。したがって、低カロリーな割にお腹の持ちが良いりんごを夜食べることは理にかなったことなのです。 もっとも夕食の時間が比較的早い家庭でりんごダイエットを行うと、眠りにつく頃にお腹がめちゃくちゃ空いて手当たり次第に何かを食べるようになったりして逆効果です。そんなときは夕食を軽くして夜食にりんごに食べるのもひとつの方法ですね。効果はいくらか落ちるかもしれませんが、ダイエットは体調を崩さないように無理のない方法で続けることが大切です。

りんご7976を切ると中身が茶色!これって食べても大丈夫?

切ったばかりのりんごなのに中身が茶色、なんて事はありませんか?切ってから時間が経つと茶色になりますが、すでに中身が茶色になっているのはなぜでしょうか。食べても大丈夫なのか、少し不安になりますよね。 りんごの中身が茶色になる理由はいくつかあります。まだらに茶色い場合は長期保存による酸化です。そして、部分的に茶色い場合は蜜褐変です。これは蜜の多いりんごによく見られます。どちらも食べても体に害はありませんが、交換してもらえる事もあるので購入店に問い合わせてみましょう。りんごは長期保存できますが、早めに食べるのが一番良いですね。